先生ブログ先生ブログ

【中1生が快挙達成①】中間テストで100点満点!

2021-06-10 NEW

Hello, Keiです!

私たちの教室に通う中学1年の生徒さんが、1学期の中間テストの英語で、見事100点満点をとりました! 本当におめでとうございます! 今回は、こちらの生徒さんの日々の学習の様子などについて、少しお話したいと思います。

この生徒さんは、2年前にレプトンに入会されました。レッスンには週2回の受講で通い続け、これから上級テキストの学習に入ろうとしているところです。彼女のお姉さんも、6年前からレプトンで学んでおり、現在は高校1年生で、全81冊あるテキストの79冊目まで到達しています。お姉さんとはとても仲が良く、よく勉強を教えてもらったり、相談にのってもらったりしているそうです。

彼女を一言で表すと、“真面目な努力家”がピッタリだと思います。入会時から手のかからない生徒さんで、レッスンは毎回、驚くほどスムーズに進みます。チェックの際に、「テキストのここを覚えてきてね」と指示した箇所以外について質問をしても、スラスラ回答します。

いつも感心しますが、彼女はレッスン中の集中力が非常に高いです。「すべてのフレーズを覚えて帰る!」といった意気込みで、習った英文をテキストを見ずに暗唱する練習を毎回欠かしません。さらにお家でも、レッスンで学んだことを定期的に復習されています。

よくレッスン前に静かに小説を読んでいて、おとなしい子に見えるのですが、“負けん気が強い”面もあります。実は、中間テストの結果を教えてくれたのはお姉さんで、本人には私から、「満点だったんだね! おめでとう!」と伝えました。その時、彼女は淡々とした表情で、特に何も言いませんでしたが、あとでお姉さんから聞いたところ、本人は全教科で満点を目指していたそうで、「満点は英語だけだった」と、中間テストの結果を残念に感じていたそうです。

また、「お姉さんには負けたくない」という気持ちもあるようです。たとえば、「お姉ちゃんがこのテキストを勉強したのなら、私もやりたい!」と追加の学習を申し出るなど、お姉さんのことを“ライバル”としても見ているようで、それが良い意味で、彼女の高いモチベーションにつながっているのだと思います。

「努力は必ず報われる」ことを体現してくれており、ほかの生徒さんへの模範となる素晴らしい生徒さんです。彼女のさらなる成長がとても楽しみです!

※写真はイメージです。

前の記事 記事一覧 次の記事