もっと英語を話せるようになって海外で仕事がしたい

小学校5年生のときに『BIRD』テキストからスタートし、わずか2年で『SPACESHIP4』まで進んだKさん。小学生の間は週2回、中学生になってからは部活との両立で週1回受講となっていますが、「英語をスラスラ言うことと、発音をもっと良くすること」を目標に日々頑張っています。「もっと英語を話せるようになって海外で仕事をしたい」というKさん。「『READING』テキストで最後の長文は量が多くて読み込むのがちょっと大変ですが、レプトンに通っていて一番楽しいのは、きれいな発音で英語をスラスラ言えて気分爽快なところです!」。

保護者様

3姉妹の末っ子なので、姉たちの経験から、遅くとも小学高学年からは英語学習を始めようと考えていました。算数国語のガウディアに通っていて、学習することにも慣れ、同じ教室なので同時にできそうだと思い、レプトンに入会しました。レプトンに通わせて良かったと思うのは、中学の定期テストで英語を勉強しなくても良い点数が取れ、他の教科の勉強に時間を使えることと、とにかく発音が良く、毎日英語に触れることで自然と英語に慣れていくところです。英語をよく聞いて、それを発音することにより、集中力がつき、細かいことに気づけるようになりました。

牛島千寿子先生

Kさんは英語が大好きというのが見てわかるほど英語好きです。特に発音は、ネイティブのように流れるような途切れることのない流暢さがあり、聞き惚れることがあるくらいです。ネイティブらしいブロークンな発音でもバッチリ再現しているので、リスニングが超得意というレベルかと思います。教室ではスピードを上げて聞いたり話したりするのが当たり前になっているので、すごいスピード感で進めてくれています。中学生になり、部活が多忙でなければ、週2回受講キープでもっと推進できるはずなのでもったいないですね。

英語に自信があるのは、すべてにおいてポジティブに推進していかれる原動力にもなっています。きれいな発音や流暢さを活かして、海外に飛び出してください♪

2018年7月26日掲載