お子様に必要な英語教育とはお子様に必要な英語教育とは

「英会話教室に通ったのに、 英語が話せるようにならなかった…」 そんな経験をお持ちの方へ

英会話教室に通って話す練習をするだけでは、英語はペラペラになりません。英語でのコミュニケーション能力は、単語や会話表現、文法などの知識をまず「インプット」し、実際にその知識を使って「アウトプット」してみることで初めて体得できます。また、いまの小学生・中学生のこどもたちに必須となる「4技能」は、英会話練習だけでは育むことはできません。お子さまにとって、効果的な英語学習法や本当に必要な英語力について、一緒に再確認してみませんか?

インプットが無ければ話せない

「英語を話せるようになりたいから、話す練習をたくさんやらないと!」と英会話教室に通われている、あるいは過去に通われた経験がある保護者さま、お子さまは結構いらっしゃると思います。皆さまの英会話レッスンの効果はいかがでしたか?

一般的に、英会話の練習をするだけでは、新しいことはあまり学べません。会話練習の相手がネイティブであっても、自分が口に出した英語の発音や文法が正しかったかをチェックしてくれたり、時々、教科書には載っていない、ネイティブっぽい“くだけた”言い回しを教えてくれたりするぐらいが普通だと思います。

なぜなら、英語を「話す」ということは、当たり前のことですが、自分が“すでに知っている”単語や会話表現、文法などの知識を駆使して、自分の言いたいことを表現したり、伝えたいことを発信したりすることだからです。

つまり、英会話の練習は、「自分がこれまで学習してきたことが、実際にどれだけ使いこなせるのか?」、この確認にしかならないのです。

ですから、「とにかく英会話ができるようになりたい!」という理由で、ネイティブとの個人レッスンを受けたとしても、自分が使いこなせる語彙や文法などの“インプット”が十分に備わっていなければ、自分の言いたいことを発信・表現する“アウトプット”力は向上しません。

特に、英語を習い始めたばかりの小学生のこどもたちは、家の中にある物からして、「『なべ』は英語でなんて言うんだろう? じゃあ、『冷蔵庫』は? あれは? これは?」といったように、英語では知らないことだらけの状態です。

そのような状態で英会話のレッスンを受けたところで、ネイティブ講師との会話ではなく、講師が話す英語をただひたすら「聞く」練習にしかならなかったり、さらに悪いことに、先生が言う英語が理解できず、ただ”おうむ返し”しているだけで全然身についていなかったり、というようなことがしばしば起こるわけです。

いくら、母語である日本語の干渉が大人よりも少ない分、英語の発音を聞き取る力が比較的高いと言われている小学生のこどもたちでも、こうした英語学習法では、お子さま本人にとっては苦痛でしかなく、「英語嫌い」になってもおかしくないでしょう。

Output follows input.インプットはアウトプットに先行する。つまり、インプットなしにはアウトプットは産まれない。これは言語学者も認めており、専門家の中には、単語や会話表現、文法などの英語知識の引き出しがほぼゼロからスタートするこどもたちの場合、インプット9割に対し、アウトプットは1割のバランスで十分という人もいるほどです。

インプットとアウトプットは同時に鍛えなければ意味がない

繰り返しになりますが、英語を「話す」といったアウトプットは、すでに自分の頭や身体にインプットされた単語・表現、文法などの知識がどれだけ使えるかの確認作業です。「話す」というアウトプット練習そのものからは、新しい知識は増えません。

しかし、自分が英語を「話す」際には、「正確に単語の発音ができるか?」「文法が適切に使えているか?」といったように、細かな点まで注意するため、インプットした知識の精度を高めることにはつながります。

つまり、インプットした英語を、話したり書いたりしてアウトプットしてみることで、さらなる英語の定着が図れるわけです。

ですので、現在、保護者さまも含め、英会話レッスンを受講中の方はぜひ、このインプットとアウトプットの関係を意識して臨んでみてください。

先生から教わるという受け身の姿勢ではなく、日頃の学習でインプットした英語をアウトプット練習する場として積極的に活用してみれば、いままでよりもスムーズに会話できるようになるかもしれませんよ。

最後に、アウトプット練習が目的の英会話レッスンでは、必ずしもネイティブ講師である必要はありません。むしろ、初級~中級レベルの英語学習者は、最初のうちは日本人講師と練習した方が、いざというときは日本語で質問できるという安心感があります。ですから、初中級者にはオススメです。

「発音が気になる」と言う方がいらっしゃるかもしれませんが、普段インプットしている英語がネイティブ音声であれば、それをアウトプット練習する相手はノンネイティブでも大丈夫です。

英語は「4技能の総合評価」の時代へ

ご存知でしたか? 文部科学省は東京オリンピック開催の2020年度から、大学入試センター試験に代えて、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に測る、TOEIC®(トーイック)やTOEFL®(トーフル)などの英語検定を、大学入試に利用する準備を進めています。

いまの小学生・中学生のこどもたち全員が、親世代では経験者ゼロの、このまったく新しい4技能型入試の対象となります。

たとえば、4技能英語検定の代表格TOEFL®は、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの技能別に4つのテストに分かれています。配点は均等に各30点、合計120点満点で評価されます。

仮に、スピーキングの1技能だけ突出してできる受検者がいて、30点満点をスピーキングで取れたとしても、全体の1/4の点数しか稼げません。

ちなみに、日本人のTOEFL® スピーキングの平均点(2016年度)は30点満点中の17点。これは「世界最下位」という不名誉な結果で、このビリの状態が何年も続いているのが事実です。現実問題として、30点満点は日本人の英語の先生でもめったに取れない点数です。

さらに、これは皆さまにも知っておいていただきたい重要な点ですが、TOEFL®のスピーキングは、英会話のテストではありません。むしろ、4技能の総合力が不可欠なテストです。

たとえば「大学の教科書的な文章を読んだあとに、その内容に関する講義を聞き、それぞれで得た情報を組み合わせて、要点を1分間でまとめて話しなさい」といった、「読む」+「聞く」+「話す」の技能統合型の問題も出題されます。

このように、英語コミュニケーション能力の総合力を測る4技能検定では、“インプット”するための「聞く」「読む」力だけでは足りません。「情報を瞬時に整理して正しく相手に伝えられる」「自分の意見を自分のことばで表現でき、なおかつ相手に自分の主張が確実に理解してもらえる」といった“アウトプット”するために十分な「話す」「書く」力も必要です。

つまり、「聞く」「話す」「読む」「書く」力、どれが欠けてもダメなのです。

これからの大学入試英語は、TOEFL®などの4技能の総合力評価へと大きく変わります。ですから、こどもたちの英語学習も、小学生のうちからネイティブの英語音声を聞いて発音し、発音した単語を繰り返し書いて覚える。そして、覚えた単語を使って英文を読み、読んだ内容を理解しているか、英語で質問に答え確認する・・・。

こうしたインプットとアウトプットの関係を十分に意識しながら、4技能のバランスの良い総合学習を行うことが、これからの英語では“必須”なのです。