英語4技能型入試を利用し、中学受験に見事合格!

小学1年生の時に、一番初めの『DOG1』テキストからスタートし、中学1年生のいま、上級シリーズの『ADVANCED Aries6』テキストを学習中の真帆さん。中学受験では、英語4技能型入試(※)を利用し、現在、通われている中学校に見事合格されました!「6年生でもレプトンを週2回続けていたので、特に対策することなく受験に臨みました。レプトンは、回数を重ねるごとに英語が聞き取れるようになるところが一番楽しいポイントです! 英語が聞き取りやすくなると、JETや英検®でも、何を質問されているのかイラストがなくなってもわかります。入試でも、何を聞かれているのか、何を答えなくてはいけないのか聞き取ることができ、理解して答えられていたと思います」と真帆さん。JET1級と英検®3級にも合格されており、次の目標は英検®準2級合格とのこと。「レプトンは、先生のチェックや検定試験があるので、成果の確認ができるからうれしい反面、ドキドキするし、大変でもあります。JET1級に合格したときは、成果が出ていることを実感できました。英検®の結果では、文法やライティングの得点が取れていませんでした。そのため、英単語を覚えて、あと数点で合格できる英検®準2級の取得に向けて頑張っています!」。

※レプトン運営部注:近年、海外帰国生向けだけでなく、一般入試でも英語を試験科目として導入する中学校が増えています。

保護者様

幼稚園では週1回、英語レッスンがあり、自宅では習ってきた単語を使ってやり取りをするようにしていました。我が家は、両親ともに英語は苦手という環境です。子どもに英語力を身につけさせたいと考えた時、学習カリキュラムがしっかりしていたレプトンに魅力を感じて選びました。レプトンに通うようになってからは「ご飯は何時?」「今日は寒い?」など、簡単な会話を英語でかわすようになりました。最近は、親が聞きとれないことを楽しむかのように、ペラペラと流暢に話しています。そして、一番良かったことは、英語を聞き取る「耳」ができたことです。JETの検定でも、Listeningのスコアは毎回良い点数をいただいています。「聞きとれること」が「英語は楽しい」につながっています。英語が学習ではなく、とても身近にあって、コミュニケーションを楽しんでいると思います。中学生になったのでGrammarの学習を頑張るそうです。

高士 麻奈美先生

Lesson前に行う、しりとりなどのアクティビティに張り切って参加していますが、Lessonになると真剣に集中して取り組んでいます。テキストをチェックするときもスムーズに答えられ、時間を上手に使って、決められた範囲までを余裕を持って毎回終わらせています。文字はきれいで読みやすく、テキストが進むにつれて長くなるDialogueも、抑揚をつけて上手に読んでいます。JET検定や英検®も進んで受け、常に上の級を目指して頑張っています。
これからもたくさんの英語を身につけて、もっともっと自分の世界を広げていってほしいと思います。

 

2022年6月14日掲載