英語を書いたり、英語の歌を歌ったりするのが楽しい

幼稚園の年長になったばかりの昨年4月に入会し、『DOG1』でアルファベットの学習からスタートした慶伍くん。順調にテキストを進め、いまは『BIRD3』を学習中です。「『BIRD3』になって難しくなった。特に、Rhyming wordsが前のテキストよりも多くなったのが大変。でも、それ以外は大丈夫!」と頼もしい慶伍くん。レプトンに通っていて一番楽しいのは「英語を書いたり、英語の歌を歌ったりすること」だそう。また、「外国の人と話したい」という目標に向かって、いまは発音を一番頑張っているとのことです。

保護者様の北地伸予さん

長男が始めるのと同時に英語学習を開始しました。現代において英語は必須と考えており、長男が小学2年生で拒否反応を示したため、次男については早めに開始することにしました。兄と一緒のこともあり、英語やアルファベットに拒否反応がまったくなく、レッスン日を楽しみにしています。レプトンに通うようになって、街中でよく目にするアルファベットを読むようになり、洋楽でも聞いてくれるようになりました。また、英単語を教えると考えてくれるようになったのが、以前と比べて変わったところだと思います。

仲谷千帆先生

時間になると、「先生、今日はここまでやるよ」とテキストを持ってきて自ら目標をたて、レッスンを始めることができています。チューターチェックでの指摘に対しても、しっかりと集中して直すことができており、やればやるほどペースも上がり、仕上がっています。レッスンの前半でしっかりと単語を覚え、後半ではスラスラ読み進め、終了間際まで「まだやる!」と頑張っています。発話練習もしっかりできているので、Rの発音も上手です。

年長のはじめに教室にやってきた慶伍くんは、幼さも残るかわいらしさがありましたが、1年生になったいまは随分と自立しました。素直な気持ちで学習に臨み、楽しめているので、これからの成長が楽しみですね。一緒に頑張りましょう!

2019年4月2日掲載